濱口竜介監督作品が銀熊賞

第71回ベルリン国際映画祭は、コンペティション部門で最高賞に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)に濱口竜介監督の「偶然と想像」を選んだ。3話からなるオムニバス作品。予期せぬ三角関係や誘惑の罠(わな)、誤解から生まれる出会いの物語をつづる。
Source: Yahooエンタメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました