痛恨のパスミス 狙われた柴崎

サッカーの2022年W杯アジア最終予選は7日、各地であり、B組の日本はサウジアラビアと敵地で対戦し、0―1で敗れた。日本は後半26分にバックパスを奪われて失点。柴崎がサウジアラビアからボールの奪いどころとして狙われ、ミスが増えていた。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました