ヒャダイン 目の前の一日生きて

夏休みの終わりを憂うつに感じている子どもたちは多いだろう。音楽クリエイターのヒャダインさんも、かつてその一人。自身の学生時代を「ずっと曇天だった」と表現する一方で、「無理やり友だちを作る必要はなかったといまでも思う」。
Source: Yahooエンタメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました