降雨コールド 球審は今も葛藤

悪天候に悩まされている第103回全国高校野球選手権大会。17日にあった1回戦の第1試合は、降雨コールド試合となった。山口智久球審は、もっと早く試合を止めなければいけなかったのではないか、と自責の念が消えないという。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました