バド波乱 ナガマツまさかの敗退

東京五輪・バドミントン女子ダブルス準々決勝で、世界ランク2位の永原和可那、松本麻佑組が、同5位の韓国ペアに14―21、21―14、26―28で競り負け、4強入りを逃した。世界女王ペアがまさかの敗退で、桃田賢斗に続く波乱。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました