敗れた桃田 苦しい試合でした

東京五輪は28日、バドミントン男子シングルスの1次リーグ最終戦があり、世界ランキング1位で、第1シードの桃田賢斗が韓国選手に0-2で敗れ、敗退が決まった。桃田は「最後まで苦しい試合でした。悔いはないかと言われたら、そうではない」。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました