ミスで帰国の競泳選手 争う構え

東京五輪に出場するため来日していたポーランドの競泳選手6人が、同国水泳連盟の管理ミスにより、開幕前に帰国を余儀なくされていたことが分かった。18日に母国に戻った選手たちは法的措置の構えを見せ、連盟責任者の辞任を求めている。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました