南ア代表 濃厚接触の大半が選手

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、選手村での感染が判明したサッカー南アフリカ代表の選手2人、スタッフ1人について、21人の濃厚接触者が確認されたと発表した。組織委によると、21人の大多数は選手という。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました