白鵬の「奇策」どよめき 苦言も

大相撲名古屋場所14日目、大関・正代との立ち合いで白鵬は仕切り線から土俵際まで下がった「奇策」を敢行。館内が大きくどよめいた。八角理事長は「優勝回数の多い横綱がああいうことをしてはいけない」と苦言を呈した。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました