「処分」される引退馬 悩む馬主

引退馬の保護活動に孤軍奮闘する馬のオーナーがいる。馬の寿命は約25年といわれ、競走馬にとって「第二の人生」の方が圧倒的に長い。「リトレーニング(再調教)することで、一頭でも多くの馬を救いたい」と目を輝かせる。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました