内村の五輪切符 0.001点で明暗

東京五輪・体操の国内代表選考会がすべて終了。内村航平が個人枠の代表を決めるポイント数により、体操ニッポン史上2人目となる4大会連続五輪代表入りを果たしたが、跳馬の米倉英信とは極めて僅差の争いとなった。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました