足切断レスラー 義足でリングへ

6月6日、プロレスラー谷津嘉章が「義足」を装着してリングに上がる。2年前、糖尿病の悪化により右足を膝下から切断する手術を余儀なくされた。障害者となった谷津はいま、世界初の「義足レスラー」として再びリングに立とうとしている。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました