サッカー「ハンド」の解釈変更

日本サッカー協会は、国際サッカー評議会による競技規則改正について説明。主な変更点は、条文が変更となったハンドの解釈。大前提として、手や腕にボールが当たったとしても、その全てが反則になるわけではないとの原則が明示されている。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました