取組後死亡 力士のリスクに警鐘

春場所の取組で頭部を強打、救急搬送されて入院中だった力士、響龍さんが28日、都内の病院で死去した。近年、力士の大型化は進み、負傷のリスクは高まってきている。響龍さんの死去は、大相撲の未来に警鐘を鳴らす形になった。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました