パラ内定 夫の遺影と見た聖火

東京五輪の聖火リレーは11、12の両日、奈良県内を巡った。東京パラリンピックのアーチェリー代表に内定し、同県のリレー走者だった仲喜嗣さんは、2月、60歳で亡くなった。妻は夫への思いを胸に、リレーを静かに見守った。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました