斎藤佑樹 故障後初の打撃投手

昨年10月に右肘靱帯(じんたい)を断裂し、再起を目指す日本ハムの斎藤佑樹投手が、千葉・鎌ケ谷スタジアムで故障後初めて打撃投手を務めた。今後に向けては、「ゴールは1軍の試合で結果を出すこと」と気を引き締めた。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました