鍵山優真 車いすの父と進む姿

フィギュアスケート世界選手権で、日本男子史上最年少の17歳で銀メダルに輝いた鍵山優真(星槎国際高横浜)。開催地スウェーデンから帰国する際の空港で、リハビリ中の父・正和コーチが座った車いすを搭乗ゲートへ押す姿があった。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました