古賀稔彦さんと最後の別れ

1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級王者で、24日に53歳の生涯を閉じた古賀稔彦さんの葬儀・告別式が、川崎市内の寺院で営まれた。芸術的な一本背負い投げを武器に人気を集め、「平成の三四郎」と呼ばれた金メダリストとの最後の別れ。
Source: Yahooスポーツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました